ReineDeer’s diary

Hermèsは馬具屋さんから、LVMHは旅行鞄屋さんから、ReineDeerはスキー屋さんから。伝統工芸×スキーブランド。

【京友禅スキーウェア物語】4 ~進化するクラウドファンディング~

スキーウェア!!

 

今思うのは、「なんて大変なものに手をつけちゃったんでしょう。。」です。笑

思えば、スキーがちょっとだけ上手になってとりあえず山頂までは行けるようになった学生の頃、私の身長(約170cm)では、カワイイウェアのサイズは限界。

お店の人には、「もう後は、ユニセックスサイズのしかないですねー」と言われ、見れば、全然かわいくないウェアが。

メンズと同じラインなので、だぼっとしてるし。色もかわいくない。日常的にパンツすらはかなかった私としては、全然そんなの着たくない。

でも、機能としても限界でした。山頂は、やっぱり寒いのです。かわいいだけ初心者向けっぽいウェアでは寒すぎる!

「機能性もあって、かわいいスキーウェア」は存在しませんでした。

そして、ヨーロッパに住み始め、スキーに行くようになったら!!!!!!

なんと、日本とは全然違って、スキーウェアを買うのはパリやロンドンの都市部ではなく(もちろん神田みたいなスキー街もありません)、スキー場に着いてから!

スキー場におしゃれなブティックにおしゃれなスキーウェアがたくさん!!

しかも、機能もついてて、ファーもついてて、キラキラもついてて、女性らしいラインで、というのがたっくさ~んあるではありませんか!

これ!これ!これ!

これこそが探し求めていたものです。

基本的にヨーロッパの山の方が日本より標高が高いので、寒いです。

ひと冬スキー場、というか「スキーリゾート地」で過ごす方が多いので、なんだか全般的にスキー上手な人も多いです。

そういう人たちが、標高3000m、4000mのところを滑っても、機能性に問題なし。そしてそれらは、日本では高級なヨーロピアンブランドのスキーウェアとして輸入されてました。

 

でも、ふと見ると、東レ」「帝人」「YKK

 

高級な欧米スキーウェアブランドは、なんとほとんど日本素材でできてました。

機能性生地=化学繊維、というのは日本が世界でもトップの技術を誇っているのです。

スキーウエアに必要な機能って、アパレル製品の中でもトップクラスに難しい。

伸縮性耐久性はもちろんのこと、透湿性防水性撥水性、など生地につけられるだけのすべての機能をそなえてないといけないぐらいです。

私がパリでオートクチュールのファーブランドをやってたときは、ある意味かんたんでした。

職人さん達は、匠の技を持ったオートクチュール職人さん。

なので、型紙と、裏地と、毛皮とちょっとした付属品さえ持っていけば、一つ一つ手で作ってくれるため、ロットも関係ないですし、「職人さんにお任せ」という気分で大丈夫でした。

だからこそ、ファッションなんて勉強したこともない私でも、なんだか素敵なコートができてしまっていました。

ところが!

機能性生地=化学繊維で、しかもスポーツアパレルで、しかもスキーウェア!!

そこにはたくさんの課題がありました。

・何100にもなるパーツ

(ポケットとか、内ポケットとか、生地も何重にもなってますよね?)

・付属品がいっぱい

(ご自分のスキーウェアのファスナーやスナップやいろんな金具の数、数えてみてください)

・化学繊維のロット。。。

(スキーウェアの生地は、基本的には最初から防水や撥水機能つけないといけない。→生産は1000mや2000mという単位)

オートクチュール(高級注文服)じゃなくて、プレタポルテ(既製品)になってしまうので、仕様書など依頼段階で色々なことが「ちゃんとして」いないといけない。(極端なことを言えば、パリのオートクチュールでは、へのへのもへじのようなデザイン画とかでもOKでした。


もう、目が回りそう。

 

しかも、藁にも縋る思いで、様々な縫製工場さんにご連絡するも、日本からスキーブームが去ってしまったときに、スキーウェア用の特殊な縫製の機械をなくして、スキーウェア縫製自体をやめてしまった縫製工場さんがほとんど。

日本国内には数えるほどしかなく、それも大手さんと独占契約していたりです。


なんだかいばらの道?に手を出してしまった感がなきにしもあらず。。。

 f:id:reinedeer:20200101195144j:plain

 

でも、でも、せっかく日本製の生地を使って作られているスキーウェアだというのに、日本にはスキーウェア「メーカー」さんがあれど、スキーウェア「ブランド」はありません。

そして、そのどこもが、欧米もアジアも含めた世界の嗜好とはかけ離れた、日本だけの好みのデザインで作っていたりします。

せっかくインバウンドでたくさんの外国人、特に体のサイズが似ているアジア人も多く来ているというのに、彼らが買いたくなるようなウェアがほとんどありません。

 

逆に、少しヒアリングしてわかった、日本人が求める「和」「日本」の要素をとりいれたウェアも、ありません。

スキー板は、2台も3台も買う人は少ないですし、「スキー板だけ買って、スキーウェアはレンタル」なんて方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

どちらかというと、「スキーウェアだけは購入、スキー板はレンタル」という方がほとんどですよね。

さらには、スキーウェアは機能性やおしゃれで2着、3着と買う方はいらっしゃっても、その逆はなかなかいらっしゃいません。

せっかく世界の高級スキーウェアの8,9割は日本製の生地でできているのであれば、ぜひとも日本ブランドとして、スキーウェアを作りたいですし、さらにはそこに伝統工芸を融和させたいと思いました。

 

さらなるいばらの道は続く。。。。!!

 

クラウドファンディングサイト➡https://reinedeer.com/product/crowdfunding/